ここから本文です

浜岡再稼働へ「重要な年」 中部電力・勝野社長会見

4/28(土) 7:27配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 中部電力の勝野哲社長は27日の定例記者会見で、浜岡原発4号機(御前崎市佐倉)の新規制基準適合性審査で断層に関する議論が進んでいることに関連し、「(審査を通して)基準地震動が決まれば、原子力規制委員会の基準に対する安全性を皆さまにご説明できる。本年度はご理解を得る上で大きなきっかけになる重要な年」と述べ、再稼働に向けて期待感を示した。

 勝野社長は「(浜岡原発と)同じ沸騰水型炉の東京電力柏崎刈羽原発6、7号機が審査に合格し、許可をいただく要領は大体まとまった」との認識を示し、「規制委員会のアドバイスに沿ってしっかりと(審査で拡充を求められている)データを補いたい」と話した。

 浜岡原発が政府要請で全炉停止してから5月14日で丸7年を迎えることに関しては「運転員の入れ替わりもある。技能向上にも取り組んでいかなければならない」などと語った。

静岡新聞社