ここから本文です

浦和オリヴェイラ新監督「力強さが欠けていた」…修正には時間が必要と力説

4/28(土) 18:51配信

GOAL

監督就任2戦目も、勝利で飾ることはできなかった。

28日に行われた明治安田生命J1リーグ第11節・浦和レッズ対湘南ベルマーレは、0-1で浦和の敗戦。就任から間もないオズワルド・オリヴェイラ監督は、2戦続けて1点に泣いた。

「(後半は)前半と違う形が見えたが、試合を通じて抱えていた問題は同じ。力強さやエネルギーが欠けていた」

MF山田直輝を先発起用した意図について問われると、「スピードもありアジリティ・俊敏性がある選手です。連戦が続く中で、興梠(慎三)が孤立していたし、長澤(和輝)も休ませたかった。興梠のプレーのボリュームを増やすために彼を投入した」と説明するも、「今日はあまりうまくいかなかった」と肩を落とす。

指揮官はこのチームにどういった修正をしていくのか。「浦和の試合は3試合見ましたが、まだ時間が必要。時間の経過とともに、誰が必要なのかを見極めていきたい」と話すにとどめた。

GOAL

最終更新:4/28(土) 18:51
GOAL

スポーツナビ サッカー情報