ここから本文です

「キャバクラヨガ」と書かれた元タレントが報道否定 文春は「謝罪、訂正の予定はありません」

4/28(土) 11:06配信

BuzzFeed Japan

「8年会社をやっていて、真面目に経営してきているのに、本当にいい迷惑。営業妨害です」。「ポジティブスターヨガ」代表の庄司祐子さんは週刊文春の報道に憤る。
庄司さんが経営するヨガサロンは、4月25日発売の週刊文春で、林芳正文部科学大臣が公用車で通う「“セクシー個室“ヨガ」として報じられた。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】

庄司さんは自身の経歴が「元AV女優」ではなく、経営するサロンも「“セクシー個室“ヨガ」「キャバクラヨガ」と書かれるようないかがわしいものではないとBuzzFeed Newsに話す。

庄司さんはグラビアアイドルとして活動していた26歳のとき、手に職をつけたいと会社を立ち上げ、27歳の時にヨガの仕事一本に絞った。

「もともとグラドルで、ヌードまではやっていました。深夜番組でもAV女優の方と一緒に出ていたので、誤解をされるのはしょうがない。ただ調べてから書くのだったらいいのですが、全くその辺の情報をデタラメを書いている」

文春の記事中でAV女優の根拠とされているのが、庄司さんが以前に出演した『背徳の囁き 美人妻・よろめき堕ちてその果てに』『ヨガエステティシャン由紀子の憂鬱』の2作品。

作品の中で庄司さんはヌード、されに濡れ場を披露している。製作はアダルトビデオを手がけるメーカーで、共に成人指定作品だが、Vシネマに近くアダルトビデオではないという。

「ヌードや濡れ場シーンはありますけど、そこはストーリーがあってのお話。作品で脱いでいる女優さんなんてたくさんいます。それだけで勝手に元AV女優と書かれちゃって。ネットで検索すると今は18禁となっているから、一般の人はAVと勘違いしちゃうかもしれませんけど、違います」

「そういう職業(元AV女優)の女の子がヨガをやっている、イコールちょっとエッチなんじゃないか、やましい風俗まがいじゃないかと記事には書かれていますけど、そういうのは私だけでなく、元AV女優の方に対する職業差別だと思います」

報道後、庄司さんのもとには知らない人間から「裸でヨガしてるんですか」「スタジオでは水着でやってるんですか」とのセクハラメッセージが送られてきた。

1/3ページ

最終更新:4/28(土) 18:46
BuzzFeed Japan