ここから本文です

内村も「予想外」の新王者…武器は内村超えの美しさ 19歳・谷川翔

4/29(日) 20:50配信

デイリースポーツ

 「体操・全日本選手権」(29日、東京体育館)

 男女個人総合決勝が行われ、男子は予選2位の谷川翔(19)=順大=が、安定感抜群の演技で6種目をまとめ、予選、決勝の合計点172・496点で初優勝を飾った。19歳2カ月での優勝は、96年大会の塚原直也の19歳4カ月を超える史上最年少。前人未到の11連覇を狙った内村航平(29)=リンガーハット=は、合計点171・664点で3位に終わり、ついに連覇が途切れた。予選トップの白井健三(日体大)は2位だった。

【写真】内村も谷川も白井も…自撮りでハイ、チーズ!

 “絶対王者”を王座から引きずり下ろしたのは、白井ではなく、他の五輪経験者でもなく、超新星だった。昨年の世界選手権代表の航を兄に持つ谷川翔が、圧倒的な美しさを武器に高いEスコア(出来栄え点)を記録し、予選2位から逆転優勝。「まだ実感がない。内村さんにまさか勝てるとは…」と、初々しくはにかんだ。

 内村が「ちょっと予想外。急にドンってきた」と、驚く急成長だった。昨年は腰痛で結果を残せず、全日本、NHK杯とも20位以下に沈んだ。ただ、体のケアに気を使うようになり、痛みが癒えた今季は幼少期からたたき込まれた持ち味の美しい体操が輝きを放った。今季から採点が厳しくなりEスコアが出にくい中でも、しっかりとした評価を獲得。出来栄えを示すEスコアの6種目の合計は52・365点。美しい体操の代名詞といえる内村の51・466点を大きく上回ってみせた。難度はまだトップ選手に及ばないものの、兄の航も「今のルールはEスコアで点を取っていく翔に合っている」と話す現ルールの申し子といえる存在だ。

 「美しく正しい体操を、もっと世界で見せていきたい」。端正なマスクの新王者は、力強く言い切った。