ここから本文です

元大関・把瑠都が帰国を発表、国会議員目指す…夢は「大統領になりたい」

4/29(日) 21:05配信

デイリースポーツ

 大相撲の元大関で、タレントに転身していた把瑠都が29日放送の日本テレビ系「明石家さんまの転職DE天職」で母国エストニアで国会議員を目指し、将来的には大統領になることを視野に入れていると告白した。

【写真】元横綱 桁外れ実業家生活の全貌 銀行経営に東京ドーム5つ分の土地

 把瑠都はエストニア初の大相撲力士として04年夏場所で初土俵を踏んだ。2メートル近い巨体を生かしたスケールの大きな相撲で瞬く間に番付を駆け上がり、06年夏場所で新入幕、10年春場所後に大関に昇進した。12年初場所で涙の初優勝を成し遂げたものの、右膝の負傷のため、13年秋場所で引退した。

 その後、格闘家として「RIZIN」に参戦。さらに、タレント、俳優としても活動し、今年はNHK・BSプレミアムのドラマ「弟の夫」に出演している。

 番組では「2018年5月5日にエストニアに帰国することに決めました」と発表した。ロフ村という故郷で私財を投じて消防のボランティアをしていることなど暮らしぶりを公開しつつ、「私が目指している仕事はエストニアの国会議員です」と告げた。

 「若手も田舎に戻ってくる環境をつくりたい。みんなが幸せになるように、大統領になりたい」という夢も語った把瑠都。心残りは、番組MCの明石家さんまが司会の「踊る!さんま御殿」に出演したものの「ほぼほぼ映っていなかった」と、使われるようなコメントをできなかったこと。「早いどころじゃない。見えない。テレビ界の横綱」とさんまの司会ぶりに舌を巻いていた。