ここから本文です

金委員長「日朝対話に意欲」 拉致問題の反応公表されず

4/30(月) 12:44配信

ホウドウキョク

南北首脳会談のやりとりがさらに明らかになった。

安倍首相は、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領との電話会談で、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、日朝対話に意欲を示していたことを伝達された。

・必見「金委員長「日朝対話に意欲」 拉致問題の反応公表されず」の動画

電話会談後の韓国大統領府の発表によると、文大統領は金委員長に、「安倍首相は過去の歴史問題の清算をもとに、北朝鮮と国交を正常化させることを望んでいる」と伝え、金委員長は、「いつでも日本と対話を行う用意がある」と述べたという。

文大統領が日本人の拉致問題を取り上げたことも明らかになったが、金委員長の反応は公表されていない。

さらに金委員長が、朝鮮戦争終結と北朝鮮への不可侵という条件つきで、「核は必要なくなる」との考えを示していたことも明らかになった。

金委員長は、「核実験場を来月中に閉鎖して、その様子を公開する」と表明したということだが、閉鎖の具体的な手段などについては不透明なまま。

最終更新:4/30(月) 12:44
ホウドウキョク