ここから本文です

ツツジ色鮮やか 伊那市山寺の高尾神社

5/2(水) 6:30配信

長野日報

 伊那市山寺の高尾神社のツツジが見頃を迎えた。1日は近くの伊那小学校の2年生が春探しの散歩で訪れ、株数や色の数を調べ、カラフルな花の周りでかくれんぼや鬼ごっこを楽しんだ。

 約600株が植わるツツジの名所。例年より2週間ほど早く赤や白、紫色などの花が広がっている。児童は「9色はあったよ」「ここから伊那小も見えるよ」などと歓声を上げていた。

 神社の建立と公園の整備は昭和の初めに当時の山寺商工会が行い、以来、ツツジが見頃となる時期に商売繁盛と五穀豊穣を願って例大祭を開いている。86回目となる今年は12日に開催。祭典委員長の折橋孝一さんは「剪定に力を入れていることもあり、花の付き具合はいい。12日まで持ってくれれば」と願っている。

最終更新:5/2(水) 6:30
長野日報