ここから本文です

長谷部が西野監督、田嶋会長とドイツで緊急会談「メンバーの話などは…」

5/3(木) 6:06配信

スポーツ報知

 フランクフルトの日本代表MF長谷部誠(34)、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)、日本代表・西野朗監督(63)が、ドイツ・フランクフルトで緊急3者会談を行ったことが明らかになった。2日、チームの練習に参加した長谷部は「西野監督? 昨日お会いしました。会長も一緒にお会いしまた」と1日の午後にフランクフルトで、田嶋会長、西野監督と会談したことを明かした。

【写真】最後はお辞儀をして離日したハリルホジッチ氏

 会談はハリル解任の経緯説明などが中心。長谷部は「選手として、今言えることはあまり多くはないですね」と内容について多くを語ることはなかった。しかし、欧州視察中の西野監督に加え、別の用事で欧州滞在中の田嶋会長まで長谷部の元を訪れたことが、ハリルホジッチ前監督解任余波の大きさを物語っていた。

 「今はみんな、所属クラブでやれることをやるしかない。監督が代わった、ということは選手みんなにチャンスがあるということ。僕が呼ばれるとも限りませんし、誰が呼ばれるとかメンバーの話などは全くしていません」と長谷部。しかし、長くキャプテンとして代表を引っ張る長谷部が、W杯2か月前に指揮官が代わり、揺れに揺れるチームをまとめるために、重要な役割を担う可能性は極めて高い。協会のトップと新指揮官が、そろって代表主将の元に出向き行われた3者会談。ここで話し合われた方向性が、ロシアでの日本代表の行く末に大きく関わってくることは間違いない。

 ◆ハリル監督解任前後の動き

 ▼3月23~27日 ベルギー遠征でマリ、ウクライナに1分け1敗

 ▼4月7日 パリ市内で日本サッカー協会の田嶋幸三会長が選手とのコミュニケーション、信頼関係が薄れてきたなどの理由でハリル監督に解任を伝える

 ▼同9日 田嶋会長が帰国し解任発表

 ▼同10日 ハリル氏がフランスの自宅で取材に応じ「何が起きたか分からない」「ウソ」「でっち上げだ」と怒りをあらわに

 ▼同21日 ベルギー遠征に出発した3月18日以来となる再来日

 ▼同27日 ハリル氏が都内で会見。選手との関係に問題なく、日本協会のサポートがなかったと反論。同日、西野新監督が渡欧

 ▼同28日 西野新監督がサウサンプトン・吉田(英国)を視察し会談

 ▼同29日 ヘタフェ・柴崎、レオネサ・井手口(スペイン)を視察し会談

 ▼同30日 レオネサ・井手口、エイバル・乾(スペイン)を視察し会談

 ▼5月1日 フランクフルト・長谷部(ドイツ)、田嶋会長と緊急3者会談

 ▼同6日 デュッセルドルフ・宇佐美、原口(ドイツ)を視察、会談予定

最終更新:5/3(木) 6:56
スポーツ報知