ここから本文です

18歳で夜の街へ――伝説のオネエ、強烈すぎる半生

5/4(金) 17:58配信

BuzzFeed Japan

今でこそ、テレビでよく見るオネエタレント。体は男性で、女性のような振る舞いだったり、性転換する人もいる。90年代、それを牽引した人がいる。日出郎さんだ。ショーパブでダンサーとして活躍し、派手なメイクでお茶の間を沸かせた。現在、53歳。新宿二丁目でバーを経営している。「私は、男性でも女性でもなくって、オネエなの」と、自認する日出郎さんの人生はどんなものだったのか――。バーの扉をあけたとき、私は知らなさすぎた。【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

小5でクラスの男子に初恋。その人と初体験

――日出郎さんは、いつから自分をオネエだと認識されたんですか?

うーん、特に何歳っていうのはないですね。京都の田舎の方に住んでたので、ゲイの人もゲイ文化もなくって。でも、日出郎という魔物は、その頃からできあがっていた。

初恋が実っているんですよ。小学5年生で好きになった男の子と付き合えて、中2のときの初体験がその方。初恋って、普通の男女でも難しいじゃないですか。告白するのも恥ずかしくって。でも、私は「好き」って言える人だった。常識がないんでしょうね。告白するとき、男の私が、男の子に好きっていっちゃいけないのかがわからなかった。

中学は同じテニス部に入って、毎日迎えに来てくれて。彼は自転車で私は歩き。毎日荷物を乗っけてくれて。

――愛されてる。

そうなの。だから自分がゲイであることで困ったことがない。でも、別れちゃったんですけどね。

――ご両親はどうでしたか?

中学の時はまさか! そもそも、性の目覚めもわからないと思ってたと思いますよ。でも、高校生のときに、バレたのかな。

ゲイ向けの「薔薇族」という雑誌がありまして。母が部屋を掃除してくれたときに、見つかっちゃったんですよ。妹に「どうしよう、おかんに見つかっちゃったわ。やばいわね」って話したんだけど。

――妹さんは、オネエであることを知っていたんですか?

カミングアウトしたわけではなくって、小さいときから「りぼん」とか「なかよし」の付録の争奪戦をしてたから、お姉ちゃんとして接してくれてたんですよ。

で、おかんにバレたわけ。今でも覚えてる。その日の夕食はすき焼きだったんだけど、誰もしゃべらない。グツグツグツグツ……って。親父もおかんも話さない。妹も下向いていて。無言のすき焼き(笑)。でも別に何も言われませんでした。

高2のときに、男の子を家に連れ込んでたら、ガチャってドアをあけられたりもしましたね。クラスの3分の2の男子と付き合っていましたから。当時。

――ん?

高校には、お化粧をして学校に行ってたんですね。今みたいなメイクではないけれど、スポーツビューティを塗って、マスカラして。髪の毛も聖子ちゃんカットで。
好きでやってたんですけど、立場が危うくなるなって思ったんです。いじめられるかもしれないし、小馬鹿にされるかもしれない。だから、喧嘩の強そうな番長格の人とベッドを共にするわけです。

――ベッドを共にする……。恋愛する過程で、そこに到達するのがまず大変だと思うのですが。

全然大変じゃないです! 高校生の性欲をなめちゃだめ。「好き」と言われて嫌な人間っていませんから。「好き好き」って言ってると、隙ができてくる。そこに入り込んでチューしたり、ボディタッチしている間に、男の子の方からガバッと来る感じにしましたね。

一番最初にスクールカーストの実権を握っている男子を落として、各派閥の長を食っていく。

――複数人とそういう関係になったら、いろいろバレないのでしょうか?

絶対にバレないですよ。「俺はあいつとヤッちゃった」なんて言えないもん。彼らには、彼女もいるわけですから。

――浮気相手ってことですか? 寂しくないのでしょうか?

全然OKです。その人のことが好きでセックスしてるわけじゃないので。自分の立場を守るため。お化粧して自分が好きな発言をするための生存戦略……うん。魔物でしょ?

――好きじゃない人とそういう関係になるのって摩耗しませんか?

セックスは好きだから。セックスをする人と好きな人は別なの。私は、狩猟していく方。狩られるのが男性。そういうタイプ。

1/5ページ

最終更新:5/4(金) 17:58
BuzzFeed Japan