ここから本文です

アトレティコが6季ぶり決勝進出! アーセナルはヴェンゲル体制最後のタイトル逃す

5/4(金) 5:58配信

SOCCER KING

 ヨーロッパリーグ(EL)準決勝セカンドレグが3日に行われ、アトレティコ・マドリードとアーセナルが対戦した。

 4月26日にアーセナルのホームで行なわれたファーストレグは1-1のドロー。スコアレスドローに終わった場合は、アウェイゴールをマークしているアトレティコが決勝に進出する。なお、アトレティコは退場処分のシメ・ヴルサリコが出場停止。退席を命じられたディエゴ・シメオネ監督はベンチに入れず、スタンドから戦況を見守る。

 開始早々の8分、アーセナルにアクシデント。キャプテンのローラン・コシェルニーが右足を痛め、プレー続行不可能に。カラム・チャンバースとの交代となった。前半アディショナルタイム、グリーズマンからのパスを受けたジエゴ・コスタが左足でシュートを決め、ホームのアトレティコが先制に成功。前半はアトレティコの1点リードで折り返す。

 後半に入り63分、グラニト・ジャカのミドルシュートはGKヤン・オブラクがセーブ。アーセナルは68分にヘンリク・ムヒタリアンを投入して攻撃のリズムを掴むが、最後までゴールネットを揺らすことはできず、セカンドレグは1-0でタイムアップ。

 2試合合計2-1でアトレティコが6シーズンぶりに決勝進出。一方のアーセナルは今シーズン限りで退任するアーセン・ヴェンゲル監督にとって最後のタイトルを逃す結果となった。今シーズンのEL決勝戦は今月17日、フランスのリヨンで開催される。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 1-0(2試合合計2-1)アーセナル

【得点者】
1-0 45+2分 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)

SOCCER KING

最終更新:5/4(金) 6:01
SOCCER KING