ここから本文です

ジェラード氏がレンジャーズの監督就任!…ロジャーズ監督との“師弟対決”実現へ

5/4(金) 22:15配信

SOCCER KING

 スコティッシュ・プレミアシップのレンジャーズは4日、元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラード氏が次期監督に決まったことをクラブ公式サイトで発表した。契約は今夏から4年間。

 ジェラード氏は、「レンジャーズの次期監督に決まり、とても誇りに思う。このクラブや彼らがもつ歴史と伝統には大きな敬意を抱いている。レンジャーズでの新たな旅のスタートが楽しみでしょうがないよ」とコメントした。

 現在37歳のジェラード氏は、現役時代に1998年から2015年までリヴァプールでプレー。キャプテンとして長らくチームを支え、リーグ戦では504試合出場120得点を記録した。2015年に移籍したロサンゼルス・ギャラクシーを経て、2016年11月に現役を引退。2017年夏からは古巣のリヴァプールU-18チームで監督としての道を歩み始めており、レンジャーズでトップチームでの監督デビューを飾ることになる。

 レンジャーズは2010-11シーズンに3連覇を達成したが、2012年に財政破たんによって4部に降格。その後、地道に昇格を勝ち取り、16-17シーズンに1部復帰を果たした。その間、宿敵であるセルティックは今シーズンで7連覇を達成。そのライバルを指揮するのは、2012年から2015年までリヴァプールを率いたブレンダン・ロジャーズ氏で、教え子であるジェラード氏との“師弟対決”にも注目だ。

SOCCER KING

最終更新:5/5(土) 1:33
SOCCER KING