ここから本文です

重傷コシールニーのW杯欠場をFFFが発表…デシャン監督「フランスにとって大きな痛手」

5/5(土) 7:47配信

GOAL

フランスサッカー連盟(FFF)がローラン・コシールニーのワールドカップ欠場を発表した。

3日に行われたヨーロッパリーグ準決勝セカンドレグのアトレティコ・マドリー戦に出場したコシールニーだが、前半のうちに負傷して途中交代。試合後、ヴェンゲル監督はアキレス腱断裂の恐れがあると話していた。

そして4日、FFFはコシールニーの詳細について公表していないものの、ディディエ・デシャン監督の言葉として同選手がロシアでのワールドカップに出場できないとだけ発表している。

「これはフランス代表にとって大きな痛手だ。彼のキャリアにとってこのワールドカップは非常に重要だったから、ローランの負傷をとても残念に思う。彼はまだまだ素晴らしいプレーができることを証明している。だから彼がまたピッチに立てることを祈っている」

これまでにフランス代表として51キャップを誇るコシールニーは昨年、今夏のワールドカップ終了後の代表引退を表明しており、これで代表でのキャリアは終わりを迎える可能性が高い。

GOAL

最終更新:5/5(土) 7:47
GOAL