ここから本文です

北の漂着船から“動かぬ証拠” 南北融和のウラで大量上陸作戦か

5/5(土) 10:00配信

FNN PRIME

近年、日本海沿岸に数多くの北朝鮮漁船が漂着している。
2016は66件、17年は104件にまで増加し、今年は4月までに既に30件以上の木造小型漁船もしくは船の残がいが発見された。

【画像】これが動かぬ証拠だ!

どうも、これらの漂着漁船は、遭難した漁船だけではないようだ。

船に「詰め物」・・・不自然な細工を次々発見

能登半島にある石川県志賀町の海岸に流れ着いた北朝鮮の小型木造漁船から、北朝鮮が意図的に日本沿岸に漁船を漂着させている決定的な証拠を発見した。

この船は、船体に北朝鮮船を示すナンバーが赤い文字で書かれた長さ約12メートルの木造漁船で、志賀町の岩場に乗り上げたまま放置されている。

この船のエンジンは、丁寧に取り外された形跡があり、さらに北朝鮮を出航時には、プロペラと動力を伝えるシャフトがともに取り外されていたのである。

その証拠として、シャフトを通すパイプの中に浸水を防ぐために布が丸めて詰められていた。
洋上でプロペラやシャフトを取り外すためには、海水の中に潜らなければならず、冬の日本海では不可能な作業なのだ。

この船は、日本に漂着することを目的として北朝鮮から送り出されたのである。

増加する「無傷の船」「生存者」

2016年に漂着した漁船は、原型を留めたものは皆無に近く、また、生存者は確認されていない。

しかし、2017年には、42人の生存が確認され、無傷に近い船も見受けられる。
同年11月に秋田県由利本荘市に漂着した漁船からは8人が上陸し、北海道松前小島では10人が島内の漁師小屋に侵入している。

その他にも、北朝鮮から密入国者を運んだ可能性のある漂着船も確認されている。

今に入り年発見された漁船は、10メートル以下の小型が多く、原型のまま漂着している特徴がある。

4月17日に石川県能登町で発見された漁船は、長さ5メートルほどで船底に平らな板を貼った簡易な構造であり、日本海の中心部への出漁など不可能である。
また、波の高さが50センチにもなれば、浸水し沈没してしまうことだろう。

北朝鮮は、実験的にいくつかの船型の船を風と波に委ね、日本に漂着させているようだ。

1/2ページ

最終更新:5/7(月) 13:06
FNN PRIME