ここから本文です

JFAがドイツ王者のバイエルンとパートナーシップ協定を締結!ルンメニゲCEO「重要なステップ」

5/7(月) 18:06配信

GOAL

日本サッカー協会(JFA)は7日、ドイツのブンデスリーガに所属する強豪、FCバイエルン・ミュンヘンとパートナーシップ協定を締結したことを発表した。

JFAは現在、21の連盟、協会とパートナーシップ協定を締結しているが、クラブとの協定締結は史上初となる。

今回のパートナーシップの協定期間は調印日の2018年4月28日から3年間で、「指導者およびスタッフの交流プログラム」「両アカデミーによる親善試合、キャンプ」「ユース育成、グラスルーツ、ディベロップメントプログラム」「スポーツ医学」といった各分野におけるサッカーの促進を目的とした各種交流および知識共有を協定内容としている。

バイエルンのカール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長(CEO)は、JFAとの協定締結にあたり「アジアで最も強力な協会のひとつである JFA とパートナーシップを締結できたことを誇りに思います。JFAとの協力は、日本での目標を遂行するにあたって重要なステップです」と喜びを表している。

GOAL

最終更新:5/7(月) 18:08
GOAL

スポーツナビ サッカー情報