ここから本文です

「希望の党」は「新・希望の党」に。所属する5人の政治家は誰?

5/7(月) 7:02配信

選挙ドットコム

「希望の党」は「新・希望の党」に。所属する5人の政治家は誰?

本日5月7日に希望の党と民進党が合流し「国民民主党」が結党されます。
また同時に、民進党との合流に反対する松沢成文参院議員団代表らは同名の新党「希望の党」を結党します。2017年9月25日に発足した希望の党は、同じ名前のまま新たな「希望の党」として5名でスタートすることとなりました。

松沢成文(まつざわ しげふみ)氏

松沢氏は慶應義塾大学法学部政治学科を卒業後、1982年に松下政経塾の第3期生として入塾。米国連邦下院議員のスタッフを経て、1987年の神奈川県議選では、川崎市麻生区から無所属で立候補し初当選します。その後、県議を2期務めました。

1993年の衆院選では、神奈川9区から新生党公認候補として立候補し初当選し、その後3期を務めました。衆議院議員を経て2003年には、神奈川県知事選に無所属で立候補し初当選、第15代・16代知事として2期務めました。2013年には再び参議院議員として国政に復帰します。2013年の参院選では、神奈川県選挙区からみんなの党公認候補として立候補し当選。その後、2017年の希望の党創設に参加し、参議院議員団代表に就任しています。

政策・実績として「受動喫煙防止法の制定」「高校日本史の必修化」「江戸城天守閣の復元」「オリンピック・パラリンピックの成功」「エコカー電気自動車の推進」「国立大学での国旗掲揚、国歌斉唱」「若者への主権者教育の拡充」等をあげています。

中山成彬(なかやま なりあき)氏

中山成彬氏は東京大学法学部を卒業後、1966年に大蔵省に入省。1986年の衆院選では、旧宮崎2区から自民党公認候補として立候補し初当選します。2004年~2005年の小泉内閣では文部科学大臣を、2008年の麻生内閣では国土交通大臣を務めました。現在までの当選回数は8回を数えます。

昨年2017年の衆院選では、比例九州ブロックから希望の党公認候補として立候補し当選しました。

中山氏は政治理念として「世界に類を見ない少子高齢化が進む中、国土が狭く、資源の乏しい我が国の原点をしっかり見据え、人材こそが資源であり、科学技術の振興が国是であるという考えのもとに政治家として責務を全うして参ります」と述べています。なお、中山恭子氏は妻にあたります。

1/2ページ

Yahoo!ニュース特設ページ