ここから本文です

芸能界復帰については意見別れる 山口達也さん契約解除をスポーツ紙はどう報じたか

5/7(月) 14:40配信

BuzzFeed Japan

女子高生への強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となっていた「TOKIO」山口達也さんとの契約を解除したとジャニーズ事務所が5月6日夜に発表した。
【BuzzFeed Japan / 徳重辰典】
山口達也さんのジャニーズ事務所からの契約解除の記事を1面に掲載して報じたのは4紙だった。

「上本抹消ショックも鳥谷がいる」と阪神タイガースの話題を報じたデイリースポーツ、「意地しかない!!周平弾」と中日ドラゴンズの話題を報じた東京中日スポーツもそれぞれ芸能面で大きく取り扱った。

6日夜の発表になったことについて、スポーツニッポンは、テレビ局など判断を保留している関係各社がゴールデンウイーク明けから動ける状況になるための配慮だったと報じている。

今回の契約解除について、各紙とも社会的影響の拡大が理由であると説明している。

スポーツニッポンは、当初の無期限謹慎について「十分な処分」ではあったとした上で、ジャニーズ事務所全体に影響を及ぼす懸念もあり「山口の脱退」「TOKIOの解散」のどちらかでしか収束できなくなったと報じた。またサンケイスポーツは城島茂、国分太一とメンバーの中に誠実さが求められる情報番組のキャスターがいることも契約解除と言う決断に繋がったとした。

日刊スポーツは記者コラムの中で、山口さんが事件発覚翌日の中で「またTOKIOとしてやっていけたら...」「先のことは考えられませんが、今は飲まない」との甘い発言が世間からの風当たりを強くしたと指摘。

「認識の甘さと責任の重さ、影響力の大きい公人としての近くのなさが致命的な結果を招いてしまった」と山口さんの発言が原因の一つだとしている。

一方、スポーツニッポンは今回の退社について、被害者の保護者が発表した「娘はもちろん、誰一人の人生の未来も奪われてほしくないと願っております」との意向には、現時点で背く形になっていると言及した。

いずれのスポーツ紙も、ジャニーズ事務所についての対応の是非については書いていない。

1/2ページ

最終更新:5/7(月) 14:40
BuzzFeed Japan