ここから本文です

依存症専門の相談窓口設置 熊本地震後の増加に対応

5/8(火) 13:18配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震の影響でアルコール依存症に関する相談が増えたことから、県はギャンブルや薬物依存も含めた依存症専門の相談窓口を設けました。

依存症専門の相談窓口は熊本市東区の県精神保健福祉センターに設けられました。
電話相談を受けるほか、依存症専門の精神科病院のスタッフなどが相談にのったり、依存症の人たちが体験を語り合ったりして、回復を目指します。
県のまとめでは熊本地震のあと、アルコール依存症に関する相談が4倍近く増加し、依存症全体でも2倍以上になりました。
「専門の相談機関に相談することがとても重要で必ず道は開けます」(県精神保健福祉センター保健師 宮本靖子さん)
電話による相談は096-386-1166で、月曜から金曜の午前9時から午後4時まで受け付けています。

RKK熊本放送

最終更新:5/8(火) 13:51
RKK熊本放送