ここから本文です

カプコン、「モンハン」好調で過去最高益 純利益109億円

5/8(火) 18:10配信

ITmedia NEWS

 カプコンが5月8日に発表した2018年3月期(17年4月~18年3月)連結業績は、売上高が945億円(前年比8.4%増)、営業利益が160億円(同17.5%増)と増収増益だった。純利益は109億円(同23.2%増)と過去最高益を更新。1月に発売した「モンスターハンター:ワールド」(PS4、Xbox One向け)のヒットが寄与した。

 モンスターハンター:ワールドは、出荷本数が750万本と、単一タイトルとして同社史上最高を記録した。Nintendo Switch向けに発売した「モンスターハンターダブルクロス」「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」などの売れ行きも好調。苦戦したアミューズメント機器事業をカバーしたという。

 今後は、大型タイトルの投入数を拡充、ダウンロード販売の強化などで、デジタルコンテンツ事業の継続的な成長を図る。世界的に盛り上がるeスポーツにも着目し、専門部署の新設やeスポーツ施設の開設など、経営資源を重点的に投下。「ストリートファイター」シリーズなど人気コンテンツとのシナジーを狙い、eスポーツビジネスの早期収益化を狙う。

 19年3月期の連結業績予想は、売上高960億円、営業利益170億円を見込む。

最終更新:5/8(火) 18:10
ITmedia NEWS