ここから本文です

千眼美子、女優復帰に感慨「清水富美加からパワーアップしていきたい」【動画付き】

5/8(火) 23:01配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 女優の千眼美子(本名:清水富美加)が8日、都内で行われた映画『さらば青春、されど青春。』(12日公開)のスペシャルトークショーに出席。昨年2月の出家後、初の女優復帰作を撮り終え「清水富美加時代から『幸福の科学』製作の映画に出てみたいと思っていたので、素直にうれしい!」と笑顔で語った。

 大川隆法氏が製作総指揮を務め、大川宏洋と千眼がW主演の同作は、昭和50年代の東京と米ニューヨークを舞台に、ある男女がそれぞれの運命と向き合う姿を描く青春ストーリー。千眼は、今作の主題歌「眠れぬ夜を超えて」で歌手デビューも果たしている。

 イベントには多くのファンが駆けつけ、千眼は「こうやって皆さんと触れ合えるのは、1年半ぶり? すごく久しぶりでドキドキしてますけど、楽しく過ごせたら」と笑顔であいさつ。

 再出発を切り「ドキドキしています」と心境を語りつつ「今までは奇抜な役や個性的な役が多かった。(今作のような)THE・王道の役は意外となかったので、できるのかなって…。美人役が一番、つらいです」と照れ笑い。歌手デビューについては「表現形式が増えることはうれしい。ボイトレの先生に根気強く教えてもらいました」と充実感をにじませ、ライブ活動にも意欲をみせていた。

 今後の展望を聞かれると「映画も現時点で8本決まってる」と明かし「女優さんとしてもまだまだ。しっかりといい意味で倍返しできるよう、清水富美加からパワーアップしていきたい」と飛躍を誓った。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:5/8(火) 23:01
オリコン