ここから本文です

「救済は終わっている」チッソ社長発言に水俣病被害者らが抗議

5/9(水) 20:23配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

今月1日の水俣病犠牲者慰霊式でチッソの後藤舜吉社長が「救済は終わっている」と発言したことに対し、患者や被害者の代表らが社長の辞任を求めるなどチッソに抗議しました。
「今回の発言は許し難い暴言であり断固抗議するとともに、発言の撤回と社長の辞任を強く求める」(水俣病被害市民の会 坂本龍紅代表)

9日午後、チッソ水俣本部に水俣病患者やその支援者などが抗議に訪れました。
チッソの新井次郎事務部長は「社長の発言は特措法における判定がなされ、一時金の支払いに一定の区切りがついたと述べたもので、補償責任を免れたとは発表していない」と弁明しました。
被害者団体は改めて社長の会見や正式なコメントを求めたものの、チッソ側はその予定はなく検討中だと答えるにとどまりました。

RKK熊本放送

最終更新:5/9(水) 20:23
RKK熊本放送