ここから本文です

カシオ、コンパクトデジタルカメラから撤退。市場縮小のため

5/9(水) 15:58配信

Impress Watch

 カシオ計算機は9日、コンパクトデジタルカメラ市場からの撤退を発表した。市場の大幅縮小のためで、今後はデジタルカメラの独自技術やノウハウを活用し、新しい事業領域創造を目指すとしている。

【この記事に関する別の画像を見る】

 2017年度通期決算にて、コンパクトデジタルカメラからの撤退を表明。デジタルカメラ事業の'17年度の売上高は前年比34%減の123億円で、49億円の赤字だった。

 カシオは、1995年に世界初の液晶モニター付き民生用デジタルカメラ「QV-10」を発売するなど、「デジタルカメラ」黎明期から存在感を示していた。'17年9月にはタフカメラ「G’z EYE」などの新製品を発表していた。

AV Watch,臼田勤哉

最終更新:5/9(水) 15:58
Impress Watch