ここから本文です

四日市市長会見 Jリーグ規格スタジアム 候補地選出は「光栄」、「正式な話ない」とも

5/9(水) 11:00配信

伊勢新聞

 【四日市】三重県の森智広四日市市長は8日の定例記者会見で、県内にJリーグ規格を満たすサッカースタジアムを整備する目的で県サッカー協会(会長・岩間弘第三銀行頭取)などが立ち上げた「スタジアム整備準備会議」(議長・岩間会長)が先月、暫定的な候補地の一つに同市の富双緑地公園を選んだことについて、「候補に選ばれたのは光栄で、四日市に競技場ができるのは大歓迎だが、正式な話はない。これから協議させてほしいという段階」などと述べた。

 森市長は「打診はまだで、資金的な裏付け含め不明な点も多く、検討はこれから。富双緑地は四日市港管理組合と県、四日市市の合意がないとできず、責任問題もある。現在進めている三重国体に向けての施設整備との兼ね合いもあるので協議が必要」と述べた。

伊勢新聞

最終更新:5/9(水) 11:00
伊勢新聞