ここから本文です

【ソフトバンク】内川、史上51人目の2000安打 歴代9位のスピード達成

5/9(水) 19:59配信

スポーツ報知

◆西武―ソフトバンク(9日・メットライフドーム)

 ソフトバンク・内川聖一内野手(35)が9日の西武戦(メットライフドーム)で、通算2000安打を達成した。
 
 8回1死一塁で迎えた第4打席で、西武2番手の左腕・武隈から中前安打を放ち達成した。2017年9月に達成した阪神・鳥谷敬以来、NPB史上51人目となる。1800試合での達成は歴代9位のスピード達成。35歳9か月での達成は11位タイの年少達成となった。
 
 産みの苦しみを味わった。残り25本としてシーズンインしたが、極度の打撃不振で打率は2割台前半に低迷。2日のロッテ戦での1998安打から5日のオリックス戦での1999安打まで11打席無安打。その後もこの試合まで11打席(9打数)無安打だった。
 この日は先発・十亀に抑えられた。初回2死一塁で迎えた第1打席では二ゴロ。4回の先頭打者で迎えた第2打席は中飛に倒れた。6回1死走者なしで迎えた第3打席では遊ゴロに倒れた。14打席無安打で15打席ぶりの安打だった。

【写真】内川の偉業を王会長が祝福

 初安打は横浜時代のプロ2年目の2002年4月24日、中日5回戦(札幌ドーム)の9回、ギャラードから右前安打で記録している。

◆2000安打、スピード達成トップ10
順位 選手名   所属   試合数(達成年)
1位  川上 哲治 巨人   1646試合(1956年)
2位  ラミレス  DeNA 1695試合(2013年)
3位  長嶋 茂雄 巨人   1708試合(1971年)
4位  張本 勲  東映   1733試合(1972年)
5位  小笠原道大 巨人   1736試合(2011年)
6位  松井稼頭央 楽天   1742試合(2015年)
7位  若松 勉  ヤクルト 1757試合(1985年)
8位  福本 豊  阪急   1790試合(1983年)
9位  内川 聖一 ソフトバンク 1800試合(2018年)
10位 榎本 喜八 東京   1830試合(1968年)

◆2000安打、達成時の年齢
順位  年齢      選手名   所属(達成年)
1位  31歳7か月  榎本 喜八 東京(1968年)
2位  32歳2か月  張本 勲  東映(1972年)
3位  33歳6か月  土井 正博 クラウン(1977年)
4位  33歳10か月 立浪 和義 中日(2003年)
5位  34歳2か月  王 貞治  巨人(1974年)
6位  35歳3か月  野村 克也 南海(1970年)
7位  35歳3か月  長嶋 茂雄 巨人(1971年)
8位  35歳5か月  山内 一弘 阪神(1967年)
9位  35歳6か月  藤田 平  阪神(1983年)
10位 35歳8か月  石井 琢朗 横浜(2006年)
11位 35歳9か月  内川 聖一 ソフトバンク(2018年)
11位 35歳9か月 福本 豊 阪急(1983年)

最終更新:5/9(水) 20:24
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報