ここから本文です

児童がゴーヤの苗を植えつけ

5/10(木) 13:45配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

緑のカーテンで夏場の暑い日差しを和らげようと天草市の小学校では児童らがゴーヤの苗を植え付けました。
このゴーヤのグリーンカーテン活動は県が地域と一体となって地球温暖化防止と夏の節電を目的に、取り組んでいるもので今年4月に開校した有明小学校で植え付けが行われました。
校庭では児童らがプランターに肥料と土を入れ終わるとスペシャルゲストとして「くまモン」が登場し児童らは一緒になっておよそ20cmほどに育った苗を植えていました。
植えられた苗は2か月ほどすると校舎の2階の高さまで生長しガラス窓を覆う緑のカーテンが完成します。
去年、菊陽町の仮設住宅に設置した緑のカーテンは外から入ってくる熱を遮ることで室内の温度が最大で2℃も違ったことがわかっています。

RKK熊本放送

最終更新:5/10(木) 13:45
RKK熊本放送