ここから本文です

海水浴場の水質調査

5/10(木) 16:09配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

海水浴シーズンを前に県内にある海水浴場の水質調査が始まりました。
この水質調査は年間1万人以上が利用する海水浴場を対象に県が毎年行っているものです。
10日は県の職員などが苓北町の富岡海水浴場の水深およそ1・5mの場所で専用の白い板を使って透明度を測ったり、海水を採取したりしました。
採取した海水は海の有機物の汚染度やふん便性の大腸菌の数など主に4項目について民間の検査機関で分析されます。
「見た目は異常なしと言う状況です。結果の方は6月ごろにお知らせしたいと思っています。」(熊本県環境生活部榮田智志さん)
調査は今月17日まで、県内7か所の海水浴場で行われます。

RKK熊本放送

最終更新:5/10(木) 16:09
RKK熊本放送