ここから本文です

スタッフはメモ取っていないと確認、15年4月面会時=柳瀬経産審議官

5/10(木) 13:25配信

ロイター

[東京 10日 ロイター] - 柳瀬唯夫経済産業審議官は10日午後の参院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設を巡って2015年4月に首相官邸で加計学園関係者と面会した際、「(柳瀬氏の)スタッフはメモを取っていないことを確認した」と述べた。

同日午前の衆院予算委員会に続き、柳瀬氏は冒頭、国会審議の混乱を招いたとして陳謝した。その上で、加計学園関係者との面会について「アポイントがあればできるだけ会うようにしていた。特定の案件を優遇したことはない」との考えを重ねて示した。

面会時は「10人近くで、大勢で来た。バックシートにも(何人か)座っていた」と語った。愛媛県今治市の職員がいたかどうかについては明言を避けた。

加計孝太郎理事長と、安倍晋三首相の別荘がある山梨県でゴルフやバーベキューで一緒になったことは認めた。

一方、柳瀬氏は「これ以外に総理と加計関係者と同席した記憶はない」と強調。「総理と加計関係者が獣医学部新設の話をしているのは聞いたことがない」と語った。塚田一郎委員(自民)への答弁。

国家戦略特区を活用した獣医学部新設を巡って、愛媛県が作成した文書で同氏が「首相案件」と発言したとされていることに関しては「個別プロジェクトが『総理案件』『首相案件』と申し上げるとは思わない」と述べた。川合孝典委員(国民)への答弁。

*内容を追加しました。

最終更新:5/10(木) 17:11
ロイター