ここから本文です

子猫かと思ったらオオヤマネコ 保護した3人がかまれる

5/10(木) 10:36配信

スポニチアネックス

 米テキサス州サンアントニオ市内で3人が北米に生息する「ボブキャット(オオヤマネコ)」の赤ちゃんにかまれるというハプニングがあった。

 この3人は市内の路地で泣き声を聞き、子猫と信じて2匹を保護したものの、青い瞳をしたこの2匹はミルクをいれたボトルを引き裂いて3人にかみついた。

 子猫にしてはかなりどう猛だったために動物保護局に通報。その後、猫ではなく野生のボブキャットの赤ちゃんであることが判明した。なお同局のスタッフは路地周辺で、母親のボブキャットを探している。