ここから本文です

阪神・金本監督 打線沈黙で対巨人戦は2勝7敗「ロサリオで止まってる」

5/10(木) 23:05配信

デイリースポーツ

 「巨人4-2阪神」(10日、東京ドーム)

 阪神が接戦を落として連敗。巨人とのカード負け越しで、3位に転落した。

【写真】三振に倒れ、首をひねる阪神・ロサリオ

 プロ初先発となったドラフト5位・谷川(九州三菱自動車)は上々の立ち上がりを見せながら、三回に阿部に痛恨の3ランを被弾した。4回3失点というデビュー戦となったが、金本監督は「一回り目は球も低めでキレもあった。二回り目から相手が慣れてきたのかな。ボール自体は悪くないけれど。阿部への一球もそこまで甘くはない。もう一回どこかでチャンスがあると思う」とルーキーをかばった。

 それ以上に頭が痛かったのが打線。この3連戦では初戦こそロサリオに特大の一発が飛び出すなど9点を奪ったが、翌日から一転して沈黙。特にこの日は4番のロサリオが全て走者を置いた場面で打席に立ちながら4打数ノーヒット。前日も4タコと4番がブレーキとなっており、指揮官は「ロサリオで止まってしまっている。何とかしようという姿勢ではやってくれているけど」と渋い表情だ。

 これで今季の巨人戦は3カード連続の負け越しで、通算2勝7敗となった。苦手意識が芽生えつつある状況に、「ジャイアンツ戦は打ててないね。分が悪すぎる、何とかしないと…」と険しい表情を見せていた。

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(日) 14:05