ここから本文です

ロールス・ロイスが手掛ける初のSUV・カリナンを発表会場でチェックした

5/10(木) 20:02配信

carview!

初のSUVにして4WD。見た目は“背の高いファントム”

ロールス・ロイスは5月10日正午(英国時間)、オンライン上でブランド初のSUVとなるカリナンの姿を明らかにした。数カ月前から同社がナショナルジオグラフィックと組んで、ゼブラにカモフラージュされたカリナンでアメリカ、スコットランド、UAEなどの大自然を走破する映像が公式に公開されていたので、カリナンの存在とおおまかな姿かたちは明らかになっていたが、ついにその全貌が明かされた。

>>カリナンの写真、映像を見る<<

公開前の4月某日、ロールス・ロイスは中国・北京市内でカリナンを一部メディアに対して、5月10日まで一切公開しないことを条件にプレビューした。夕刻、マグマレッド(赤)とダーケストタングステン(ガンメタ)の2台のカリナンが同時にアンヴェールされ、我々の前に姿を現した。第一印象、大きい。昨年登場した同社のフラッグシップサルーンのファントムVIIIを見たときにも同じことを感じたが、今度は背が高い。実際、カリナンは全長5341mm、全高1835mmと、ファントムよりも約400mm短く、190mm高い。2164mmの全幅はファントムとさほど変わらない。

数年に一度しか新型車を発表しないロールス・ロイスの場合、すべての新型車発表が特別で新しい挑戦だが、カリナンの場合は特別中の特別だろう。なにしろブランド初のSUV(発表前、彼らはカリナンをHBV<ハイ・ボディード・ヴィークル>と分類していたが、プレビューの現場で普通にSUVと呼んでいた)であり、初の4WDである。

そのスタイリングは端的に言えば、背の高いファントムだ。スピリット・オブ・エクスタシーが鎮座したパンテオングリルとその両脇の控えめなヘッドランプユニットの関係性はファントムそのもの。サイドに回り込むとこのクルマがSUVでありながら、わずかにトランク部分が突き出たノッチバック形状であることがわかる。3ボックスまでいかない2.5ボックスといった感じだ。デザイナーのジャイルズ・テイラーは「1930年代のグランドツアラーは旅行用トランクを車外に固定して積載していたが、カリナンのリアにそのイメージを盛り込んだ」と説明している。

サイドウインドウグラフィック全体が大きく、特に天地の寸法が長い。悪路走破には外部の路面状況の目視が最も重要。“なんちゃって”ではなく走りに定評があるSUVは、総じて乗員が路面を直接目視して確認できるようウインドウの下端が低く設定されている。半分様式美でもあるが、であればゆえにカリナンもこのことを守っているのだろう。車体の下部には彼らが「サクリファイス」と呼ぶ、悪路走破によって何かにぶつかったり擦れたりすることを想定した黒い樹脂部分が設けられた。

1/2ページ

最終更新:5/10(木) 20:02
carview!