ここから本文です

元航空局のYS-11、能登で動態保存 3年ぶり飛行、解体免れる

5/11(金) 13:27配信

Aviation Wire

 国土交通省航空局(JCAB)が保有していた日本航空機製造YS-11型機(元登録番号JA8709、現登録番号N462AL)を落札した、航空部品販売会社エアロラボ・インターナショナル(大阪・八尾市)は5月11日、機体を高松空港から能登空港へ空輸する。3年ぶりの飛行で、今後は能登で動態保存を継続する。

 エアロラボのYS-11は午後2時15分に高松を離陸し、午後4時15分に能登に着陸する見込み。能登到着後は、空港近くにある日本航空学園のキャンパスで動態保存する。

 同機は2014年12月、エアロラボが223万200円で落札した。当初、羽田で整備を進め、米国籍機として登録番号「N462AL」を取得。2015年5月27日に、羽田から高松へ空輸し、整備を継続していた。

 その後、高松空港での場所確保が困難となり、行政や民間企業などと調整し、保管場所を探していた。同社によると、保管場所が確保できなかった場合、解体するしかなかったという。日本航空学園が保存場所を提供したことにより、解体を免れた。

 同機は能登空輸前の11日午前、試験飛行のため高松を離陸。羽田からの空輸時以来、3年ぶりの飛行となる。

Yusuke KOHASE

最終更新:5/11(金) 13:27
Aviation Wire