ここから本文です

ベルメゾンの利用客にDM送付で新規ユーザー獲得を支援、千趣会とFIDが連携

5/11(金) 9:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

千趣会とECシステムの開発を手がけるFIDは5月8日、千趣会の法人向けのダイレクトメール(DM)発送サービス「ベルメゾンダイレクトメールプロモーション」を活用し、DMの効果測定や追加発送を自動で行える新サービスを開始した。

DMを使ってカゴ落ちユーザーにリマインドするなど、売上拡大につながるマーケティング施策を実現。活用するEC企業の新規顧客獲得を支援する。

FIDのマーケティングオートメーションツール「MOTENASU(モテナス)」と「ベルメゾンダイレクトメールプロモーション」を提携してサービスを構築した。

「ベルメゾンダイレクトメールプロモーション」は、千趣会の通販「ベルメゾン」を利用する約1500万人の顧客基盤を活用したDM送付サービス。クライアントの希望に合わせて、年齢や性別などの条件で送付先をセグメントできる。

「MOTENASU」と連携した新サービスでは、DMに顧客専用のQRコードを印刷する。QRコードにアクセスしたユーザーのウェブサイトの滞在時間、ページ遷移、ECサイトのカゴ落ちといった行動を追跡。マーケティングシナリオを組むことで、DMの追加発送などを自動化する。

千趣会の法人事業部広告チームは、新サービスについて次のようにコメントしている。

┌──────────
DM送付の媒体を提供するだけではなく、DMの効果測定から追加配送まで全自動で行えるようになった
└──────────

FIDはリピート通販専用カート「侍カート」を提供している。近年はマーケティングオートメーションツールの開発にも力を入れており、オンラインとオフラインを活用した「オンオフ融合マーケティング」を提唱している。