ここから本文です

MMA参戦の藤田「スワマって誰ですか?」

5/11(金) 16:31配信

東スポWeb

「10年ぶりの星を取りに行きます」。韓国の総合格闘技イベント「ROAD FC 047」(12日、中国・北京)での孔韓冬(コン・ハンドン、37=中国)戦に向けて羽田空港に現れた野獣・藤田和之(47)は、不敵な笑みを浮かべて勝利を誓った。

 2008年3月5日のピーター・グラハム(42=豪州)戦以来、MMA戦での白星から10年以上も遠ざかっているだけに本気も本気だ。「危機感はないですけど、さすがにそろそろ勝たないと。でも今回は大丈夫。週3回以上は練習したし、毎朝散歩もした。ご飯も3食とも3杯食べたし、空港にもチェックインの3時間前に来た」

 この言葉に反応したセコンドで盟友の悪魔仮面ケンドー・カシン(49)が「週3以上ってどういうこと?」と問いかけると、藤田は「たまに週4回行きました」と自信満々で回答した。カシンは「スパーリングはしなくていいから、ジムに行く習慣をつけてくれとは言ったが、まさか本当にここまでやるとは…。藤田君は自立した。うれしいです、ハイ。これは期待大だな」とわざとらしく目頭を押さえた。

 しかし直後に「機運が高まれば、またいつの日か交わる時が来るかもな。まっ、俺はプロレスでメチャメチャやるから、藤田和之は総合格闘技でメチャメチャやればいいんじゃない」という藤田との再戦を無期限で凍結させることを決めた全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(41)の言葉を伝え聞くと、表情が一変。「スワマって誰ですか? 何してる人? ちょっと分からないけど、いまさら何を言ってるんですか。『勝ち逃げする』って言いましたよね。総合でメチャクチャやればいい? よけいなお世話だ!」と吐き捨てた。カシンも「賞味期限が過ぎたのはあいつが煮え切らないからだろ。大体この間の試合のギャラも(以下略)」などと罵詈雑言を並べ、2人仲良く機上の人となった。まずは野獣の勝利を信じるしかない。

最終更新:5/11(金) 16:36
東スポWeb