ここから本文です

新東名、最高速110km/h区間の試行から半年、事故や違反は増えた?減った?

5/11(金) 12:05配信

くるまのニュース

最高速度を110km/hに引き上げた新東名、交通事故や速度違反に変化は?

 高速道路の最高速度(法定速度)と言えば、1961年(昭和35年)からずっと100km/hのままでしたが、2017年11月より新東名高速道路、同12月より東北自動車道のそれぞれ一部区間で試験的に110km/hに引き上げられました。新東名では110km/hになって半年が経過しましたが、最高速度が10km/h引き上げられたことで、交通事故や速度違反の発生件数にどのような変化があったのでしょうか?

新東名110km/h区間の速度表示や追い越し車線を走るトラック

 静岡県警高速隊が5月10日に発表した新東名110km/h区間の交通事故発生状況によると、

・人身事故の発生件数は13件(前年同期比9件減)
・物件事故の発生件数は88件(同11件増)

 これに対し、静岡県警高速隊は「いずれも事故原因は前方不注意などによるもので、最高速度が110km/hに引き上げられたことで起こった交通事故ではない」とのことです。

 ちなみに、静岡県警高速隊は開通後1か月にも同様の発表をしています。

・速度超過が約200件(前年同月約450件)
・追越車線を走り続けるなどの通行帯違反が約280件(同260件)
・車間距離不保持や携帯電話の使用などその他の違反が約60件(同40件)
・人身事故2件、物損事故14件(前年同月人身事故1件、12件)

 試行後は速度違反の取り締まりを強化したため、前年同月と比較すると大幅に速度超過の違反が減っています。

新東名の最高速度110km/hの区間はどこ?

 2017年11月より最高速度が引き上げられたのは、新東名高速道路「新静岡インターチェンジ(IC)から森掛川IC間」の上下線約50kmの区間です。

 筆者(加藤久美子)はこの区間を2017年11月以降、何度か走る機会がありました。110km/hになった感想は「心地よい!」の一言でした。

 横浜方面からは御殿場ジャンクションを過ぎて、新東名に入ります。富士山を横目に見ながら、富士IC、清水ICを通過して、「新静岡IC」の手前で、最高速度110の標識が見えて来ます。

 ここから森掛川ICまでの約50kmが最高速110km/hの区間(2012年に開通)。道路規格第1種第1級の高速道路で、設計上の最高速度は120 km/h(~140km/h)となっているため、片側3車線のゆったりとした作りでカーブやアップダウンも少なく、大変走りやすい道路となっています。

1/2ページ