ここから本文です

逃げ場のないエスカレーターに潜む危険 思いもよらぬ“旅のお供”が凶器に

5/11(金) 10:50配信

中京テレビNEWS

 逃げ場のないエスカレーターに潜む危険。思いもよらぬものが凶器に。その凶器となってしまう危険があるのがスーツケースです。スーツケースがエスカレーターを猛烈な勢いで落ちてきて・・・下にいた人に激突、転倒する被害が起きています。

 スーツケースが落ちてけがをする危険性は、この地方の空の玄関口、中部国際空港でも指摘されています。

空港利用客:「ガタンと(エスカレーターに)きちんと乗らなくて落ちそうになったことがある」
「前の人(のスーツケース)が落ちそうになったのを手で支えたことはある」

鈴木康一郎アナ:「下りのエスカレーターのすぐ手前なのですが、キャリーバッグが落下することに注意を促す表示が掲げられています」

 実際に大けがをするケースが先月、中国・広東省の駅でおきました。

スーツケースを落とした女性:「スーツケースが大きくて、引きずりながらエスカレーターに乗ったらすぐ落ちてしまった」

 女性は、終電に乗ろうと急いでいて、あやまってスーツケースから手を放し、落としました。滑り落ちたスーツケースは下にいた女性の足を直撃し、女性はひっくり返って頭を打撲するけがをしました。

 中部国際空港で取材班が観察していると…

鈴木康一郎アナ:「(スーツケースから)手を放していますね」

 SNS上では、同じ、怖い思いをした人たちの声が…

『エスカレーターの上からスーツケースが落ちてきて、自分の真横を通過したから一瞬死を感じた…』
『駅で目撃しました。スーツケースミサイル』

 エスカレーターの近くの店の人は、週に一度はこうしたスーツケースの落下を目撃するといいます。

店舗スタッフ:「エスカレーターを通る方がスーツケースを落とし、大きな音が鳴るので振り返るとスーツケースが落ちている場面が何度かある。大きなスーツケースですので(エスカレーターの)下の人に当たらないか、いつもどきどきして、危ないなと思います」

 一瞬で人の足をすくうスーツケース。専門家は、こうした逃げ場のないエスカレーターでの危険性を強調します。

近畿大学理工学部 和田義孝 教授:「(スーツケース落下は)男性でも足元をすくわれるぐらいの勢いは考えられる。頭を打つ可能性もあり、しかも受け身もとりにくい。基本対処方法はない」

 中部国際空港では、スーツケースを持ってエスカレーターを利用する場合は、スーツケースの持ち手を離さないよう呼びかけています。またスーツケースを置く場所については、下りエスカレーターでは「後方や横に」、上りエスカレーターでは「体の前」に置くよう注意喚起しています。

中京テレビNEWS