ここから本文です

明るいリビングもおまかせ!パナソニックの高輝度4K液晶テレビ

5/11(金) 17:04配信

Stereo Sound ONLINE

2つの幅から選べるスタンド採用

 パナソニックから、4K液晶ビエラ「TH-65FX780」(65インチ)が6月8日に発売される。価格はオープンで、想定市場価格は35万円前後。

【画像】スタンドを内側に取り付けた様子

 FX780シリーズは、2017年に登場した「EX780」シリーズの後継機で、4K液晶ビエラのアッパーミドルクラスに位置する。

 本機は、明るいリビングルームで正面以外の位置からでも見やすいように、高輝度かつ広視野角なIPSパネルを搭載する。さらに、LEDバックライトのエリア制御と、信号処理によるコントラスト処理を組み合わせた「Wエリア制御」を採用。高いコントラスト感と明暗の表現力を両立させたとしている。

 映像エンジン「ヘキサクロマドライブ」は、被写体を部分ごとに解析し適切な処理を行えるよう進化。高い質感でノイズを抑えた映像を実現したという。また、3次元カラーマネジメント回路(3D-LUT)は、補正ポイントを先代E780比で約1.6倍に増やし、暗部の色再現性や明部の色の鮮やかさの再現性がアップしている。

 HDR信号は、HDR10とHLG(ハイブリッド・ログガンマ)方式に対応。「明るさ連動HDR」機能を備えており、部屋の明るさに合わせてHDR画質を自動で調整する。

 本機のスタンドは、取り付け位置を外側(幅134.1cm)と内側(幅52.9cm)で選べるようになっており、テレビ台の幅やデザインの好みに合わせて使い分けられる。

 接続端子はHDMI入力4系統、コンポーネント映像入力1系統、コンポジット映像入力1系統、光デジタル音声入力1系統、ヘッドホン出力1系統、LAN端子、USBタイプA端子3系統を備える。

 地デジ/BS/110度CSチューナーを3基搭載。別売のUSB HDDをつなげば、2つの裏番組を同時に録画できる。

 なお、今年12月の「新4K8K衛星放送」の開始に合わせて、パナソニックからも対応4Kチューナーが発売される予定となっている。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:5/11(金) 17:04
Stereo Sound ONLINE