ここから本文です

川崎麻世、“セクハラ問題”に持論「その人が好きか嫌いか。線引き難しい」

5/11(金) 12:11配信

AbemaTIMES

 俳優の川崎麻世(55)が10日、オーラルマナージェル「IKIREI」の新製品発表会に出席した。

 「IKIREI」は、日本歯科総合研究所と東京医科歯科大学の共同開発により生まれた、業界初のなめるタイプのオーラルケア商品。川崎は女性と共演する場合、特に口臭に気を遣っているという。

 「大地真央さんと仲が良くて共演させていただきますが、真央さんはニンニクの臭いに敏感。演技中に匂ったら集中ができないらしい。例えば『麻世ちゃんニンニク食べたでしょ』と言われる。だから気を付けないといけない」

 芸能界きっての“モテ男”として知られる川崎は、昨今世間を騒がせている“セクハラ問題”について持論を展開。「女性だって気にして欲しいから、おしゃれをしたり香水をつけたり、いい匂いのシャンプーをつけたりする。それに対して男性が『いい香水つけているね』とか言ってセクハラになるのは、女性がその人が好きか嫌いか。好きな人に言われたら嬉しいけど、嫌いな人に言われたらセクハラ。その線引きが非常に難しい」と語った。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:5/11(金) 12:11
AbemaTIMES