ここから本文です

日本ハム清宮は4タコ 16打席連続無安打と快音響かず「意識し過ぎずにいきたい」

5/12(土) 17:38配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク3-5日本ハム」(12日、ヤフオクドーム)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)が、「5番・指名打者」でフル出場。4打数無安打に終わり、これで16打席連続無安打となった。

 「昨日の4打席よりはだいぶ良かったかなと思います」

 二回無死一塁の第1打席は、先発・バンデンハークの外角152キロ直球に見逃し三振。三回は118キロのナックルカーブを芯で捉えたが、一直に抑え込まれた。五回の第3打席は遊直。八回1死は2番手・中田から右翼ポール際に大ファウルを放ったが、最後は空振り三振に斬られた。

 「(結果と内容)どっちも求めたいんですけど、出ていない時も意識し過ぎずにいきたいと思います」

 前日に続き母校・早実の大先輩、ソフトバンクの王会長が見つめる一戦。しかし、持ち前の打棒を発揮することはできなかった。