ここから本文です

酒井高徳主将無念…ハンブルガーSVが史上初2部降格

5/13(日) 0:29配信

スポーツ報知

◆ドイツ・ブンデスリーガ最終節 ハンブルガーSV 2―1 ボルシアMG(12日・ハンブルク)

【写真】発煙筒などが投げ込まれ選手は退場、警備員がピッチに並んだ

 日本代表DF酒井高徳(27)が主将を務めるハンブルガーSVが、クラブ史上初めてブンデスリーガ2部に降格した。

 入れ替え戦枠を争うヴォルフスブルクが勝利。ハンブルガーSV―ボルシアMG戦は発煙筒などが投げ込まれて終了間際に15分近く中断したが、この一戦の終了を待つことなく降格が決まった。

 ブンデスリーガは63年に創設。ハンブルガーSVはリーグ54年の歴史で唯一、降格したことがないクラブとして知られていた。前節まで勝ち点28で自動降格圏の17位。入れ替え戦へ進む16位ヴォルフスブルクとは勝ち点2差。ヴォルフスブルクが1FCケルンに敗れ、ハンブルガーSVが勝つことだけが、得失点差との関係から残留へ望みをつなぐことができる唯一の条件だった。

 酒井は右サイドバックで、U―21日本代表の伊藤達哉(20)が左MFで日本勢はダブル先発。ドリブラーの伊藤がトップチームに定着した3月中旬以降、チームは3勝1分け3敗と持ち直し、地元メディアからは“救世主”とも言われていた。伊藤はチーム2点目のゴールをアシストし活躍したが、逆転残留とはならなかった。

最終更新:5/13(日) 2:43
スポーツ報知