ここから本文です

新日本プロレス社長にオランダ出身実業家メイ氏就任へ 元タカラトミー社長

5/13(日) 16:50配信

東スポWeb

 プロレス界の盟主・新日本プロレスの新社長に、ハロルド・ジョージ・メイ氏(54)が就任することが、13日までに本紙の取材で分かった。

 メイ氏は少年期を日本で過ごしたこともあるオランダ出身の実業家。日本コカ・コーラなど数々の一流企業を経て、2015年6月に玩具メーカー「タカラトミー」の社長に就任した。赤字経営だった同社を黒字に転換させた立役者として知られている。

 一方で大のプロレスファンという側面を持つ。昨年末にタカラトミー社を退社した後、親交のある木谷高明オーナー(57)から新日プロの社長就任の打診を受けていた。23日の株主総会で正式に承認され、6月1日付で原田克彦社長に代わり新社長に就任する見込みだ。

 初代社長のアントニオ猪木氏に始まる団体46年の歴史のなかで、メイ氏は9代目にして初の外国出身の社長となる。新日プロは米国・WWEに次ぐ世界ナンバーツーの団体として、近年は米国本土でもビッグマッチを成功させている。メイ氏はマーケティングの経験が豊富で、ブランド強化にも定評のある「プロ経営者」。その手腕による国内外でのさらなる飛躍と発展が期待される。

【プロフィル】ハロルド・ジョージ・メイ 1963年12月4日生まれ、オランダ出身。幼少期は日本や米国などで過ごし、ニューヨーク大学大学院を修了後の1987年にハイネケンジャパン(現ハイネケン・キリン)に入社。日本リーバ(現ユニリーバ・ジャパン)、サンスターを経て2006年に日本コカ・コーラに入社し副社長を務める。2014年3月にタカラトミー社に迎えられ、15年6月に社長に就任。赤字経営だった同社を黒字経営に転換させV字回復を達成し、17年末に退社した。

最終更新:5/13(日) 21:46
東スポWeb