ここから本文です

浦和GK西川周作、守備に手ごたえも「今度は勝ち点1の試合を勝ち点3にする」

5/13(日) 19:36配信

GOAL

浦和レッズは13日、明治安田生命J1リーグ第14節でサガン鳥栖と対戦。無得点ながら、鳥栖のシュートをわずか2本に抑え込み、スコアレスドローとした。「前半から非常にいい守備ができていた」と話す浦和GK西川周作は、「狙い通りの押し込むサッカーをやりながら得点できればベストでしたけど、疲れてきた中でもリスクマネジメントを怠らなかった」と試合を振り返った。

西川は「勝ち試合を期待されているサポーターの気持ちはすごく分かります」と話し、以下のように続けた。

「自分たちも勝利を目指してやっているが、当然サッカーなので勝ち負けや引き分けはある。その中で、最低限の仕事はできたんじゃないかなと思います。今日は勝ち点1でしたけども、今度は(勝ち点)1の試合を(勝ち点)3にする。そのための作業をみんなで意識を高くやっていきたい」

浦和はJリーグYBCルヴァンカップではグループ首位に立っており、16日に行われるグループステージ第6節・サンフレッチェ広島戦で勝利を収めれば、プレーオフステージ進出が決定する。

西川は「広島戦は、突破に向けて大事な試合」と語るも、「その次は中2日の日程で試合がある。みんなで切り替えなければいけない」と19日のJ1第15節、ガンバ大阪とのアウェイゲームを見据えた。

GOAL

最終更新:5/13(日) 19:36
GOAL