ここから本文です

興毅、ロマゴンに対戦迫る やらないのなら「亀田選手にビビりました」と言え!

5/13(日) 16:24配信

デイリースポーツ

 今月5日に1日限りの現役復帰と銘打ちスパーリング形式の“引退試合”を行い、直後に引退を撤回したボクシング元世界3階級王者の亀田興毅(31)=協栄=が12日、AbemaTVの「ラスト亀田興毅ファイナル」に生出演。元世界4階級王者のローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア=との対戦をぶち上げたことに賛否両論ある中で、「(興毅と対戦する)メリットはある」と全盛期のビッグマウスを復活させながら世界的強豪に対戦を迫った。

【写真】浜崎あゆみも来た!興毅“引退試合”著名人集結のリングサイドも話題に

 興毅は後楽園ホールで“引退試合”を行い、現役時代にプロ初黒星をつけられた元WBC世界フライ級王者のポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)に“TKO勝ち”した。直後には引退のテンカウントゴングを行ったが、その最中で「ちょっと待って」と言い出して引退を撤回。元世界4階級王者のゴンサレスとの対戦を熱望し、「ラスト亀田興毅プラスワン」などと持ち出した。

 パウンド・フォー・パウンド(全階級を同一体重と見なしたランキング)でかつて1位にもランキングされ、現在も世界王座返り咲きを狙うゴンサレスが、2年半も現役から離れている亀田を相手にする必要はないとの識者の声は届いている。興毅は「でも、メリットないこともないと思いますよ」と強調する。「自分も日本ではそれなりに人気もあって、注目もされる。試合がノンタイトル戦でも破格のファイトマネーを稼ぐことできると思う。それを受けない理由がどこにあるのか」と迫った。

 対戦には【1】実力差【2】階級の問題【3】マッチメークの難しさ、という3点のハードルがあることを冷静に分析しながらも、熱望する。「素晴らしい選手。現時点で考えて10回戦って1回勝てるかどうか。体重は関係ない。落とせるから。多少しんどい。でも根性で落としますよ」と訴えた。

 ビッグマウスは過激さを増す。「引退した選手と戦う意味がない。ヘドが出るようなしょうもない正論はいらない。亀田興毅を完全に葬り去ってくれればいい。それでもやらないんであれば、うそでもいいから『すいません。ビビってます。亀田選手にビビりました』と言うてくれればいい。そしたらそれで終わりやから。オレは引退するだけやから」と言い放った。