ここから本文です

あなたの部下が「報連相」をしない本当の理由

5/13(日) 20:40配信

投信1

「報告・連絡・相談」、つまり報連相は、あらゆる仕事の基礎となる部分。会社で上司が部下に「ちゃんと報連相しなさい」と指導する場面はよく見られるものだ。

この記事の写真を見る

 しかし、「ちゃんと報連相しろ」という言葉が出るということは、裏を返せば「自然に報連相が起きない状況になっている」ということでもある。

「『報連相しろ』という言葉が飛び交うのは、社員が次々に辞めていくような会社の特徴のひとつです」――そう解説するのは、数多の組織を見てきた「職場のメンタルヘルス・コミュニケーション対策」の第一人者であり、『人が集まる職場 人が逃げる職場』の著者・渡部卓氏。なぜ自然に報連相がされないような職場になってしまうのか、その原因と対策を解説してもらった。

「情報が回ってこない」ときのチェックポイント

 情報は「鮮度」が命。上司にとっては、重要なことほど「手の打ちようがなくなる前」に把握しておきたいものです。けれども、自分の元に情報が回ってくる頻度が少ない、スピード感がないとしたら、それは報告や申請を細かく形式化しすぎているせいかもしれません。

 たとえば、次のようなことになっていませんか? 

・「日報」や「営業報告書」といった各種報告書の数や記入項目が多い
・「休暇届」など各種申請書の数や記入項目が多い
・報告書や申請書の締め切りがやたら早い
・報告書や申請書に必要なハンコの数が多い

書類が増えると上司の負担も増える

 これらの書類が増えれば増えるほど、書く側はもちろん大変なのですが、チェックして承認する側も同じく大変になってしまいます。

「デスクに書類を積んでいるうちに経理への提出期限を過ぎていて、部下を困らせてしまった」……なんてこともしばしばあるのではないでしょうか?  私も100人を超える部下を抱えていた時代には、そんな経験が山ほどあります。

 このように報告や申請の項目が多かったり、承認者の数が多くなったりするのは、「リスク管理のため」……と言えば聞こえはいいですが、それだけ責任の所在を分散させているということでもあります。また、「細かい報告を形式化させることで、上司が自分自身を安心させているだけ」という面も大きいのです。

1/3ページ

最終更新:5/20(日) 11:05
投信1