ここから本文です

飛距離は左足の“引き具合”で決まる。スウィングを崩さない距離調整術【ゴルフ】

5/13(日) 20:02配信

みんなのゴルフダイジェスト

プロでも難しいとされる距離の調整をスタンスの向きを変えるだけで行うというのは、シニアツアーで活躍中田村尚之プロ。著書「田村流『あきらめる』ゴルフ」から番手間の微妙な距離を埋める打ち方をご紹介しよう。

距離の調節はスタンスの向きで行う

距離の調節は、とても難しいものです。

小さめのクラブでフェースを被せたり、フルショット以上の力で打とうとすると、引っかけることが多いですし、大きめのクラブを短く持って軽く振ろうとすると、上手くヒットできないことが多いのではないでしょうか。

私の場合、距離感は、基本的にはその番手を普通に打ったときの距離を把握しておき、そこからの「引き算」で出しています。「もうちょっと飛ばせば」、という「足し算」はまずしません。たとえば、私は無風でフラットな条件で7番アイアンを普通に打つと、156ヤード飛ぶことになっています。もちろん体調の良し悪しなどで、多少は変わると思いますが、基準は156ヤードです。

もし打ちたい距離が152ヤードだったら、4ヤード飛ばない打ち方をします。逆に159ヤードだったら、6番アイアンで飛ばさないように打つか、7番アイアンで3ヤード手前に止まってもしょうがない、と思って打ちます。

なぜ小さめのクラブで飛ばすように打たないのか?

それは、飛ばすためにフェースローテーションを使うなどして、自分のスウィングを崩すのが嫌だからです。そうしてしまうと、普通のショットをするときも、もしかしたらフェースが返ってしまうのではないかと思って、自信を持って打てなくなるのが嫌なのです。

飛距離の落とし方は、決して「ゆっくり振ろう」「トップを小さくしよう」など、頭で考えないことです。いわゆる、ゆるんだ打ち方によって、ミスをする元になります。またクラブを短く握るのもお勧めしません。なぜかというと、クラブのバランスが軽くなって、早打ちになりやすいからです。

私の場合は、アドレスでの左足の「引き方」でトップの大きさが小さくなるように調整しています。アイアンだけでなく、ウェッジでも同様にします。私はよくオープンスタンスだと言われますが、自分の意識の中ではオープンスタンスなのではなく、体の向きはあくまで目標方向に直角で、スタンスだけ左足が「引けた」状態にしておくのです。そうすると、普通に振っても、トップが自然と小さめになります。

距離を落としたい場合には、左足をいくらか引いて、つねに「普通」にショットする。この「普通に打つ」というのは、プロもアマチュアも変わらない法則です。ただし、「左足の引き具合は!?」と言われると、それは経験上から来る感覚です、としか言いようがないのですが……。

番手間の中間の距離というのは、プロでも判断が難しいショットです。以前、あるトーナメントの練習日に一緒に回ったプロが、悩んだ末に小さいクラブでフルショットしたのですが、バックスピンがかかってショートしてしまいました。そして、グリーンに向かう途中に同組の先輩プロに「番手間の中間距離はどうやって打ち分けるんですか?」と質問したところ、「俺にわかるわけないだろう」という返事が返って来たそうです。ゴルフは奥が深いスポーツですね。

「田村流『あきらめる』ゴルフ」(ゴルフダイジェスト社)より

みんなのゴルフダイジェスト編集部