ここから本文です

西武が連敗ストップ、榎田4勝&打線は5戦ぶり2桁安打 ロッテは連勝止まる

5/13(日) 15:38配信

Full-Count

初回に山川の犠飛、外崎、木村文の連続適時二塁打で4点奪う

 西武が6-0で勝利。連敗を4でストップした。13日、本拠地メットライフドームで行われたロッテ戦。先発の榎田大樹投手が2試合連続2桁得点中だったロッテ打線を無失点に封じると、打線は5試合ぶりの2桁安打を放って快勝した。

【動画】西武・榎田が7回零封の快投で4連勝! 13日の西武対ロッテ戦ハイライト 

 初回先頭の秋山が二塁打を放って出塁すると、これが口火になった。いきなり無死満塁のチャンスを作ると、山川の右犠飛で先制。2死となってから外崎、木村文が連続適時二塁打を放って、この回一挙4点を奪った。

 2回は秋山の中前適時打、5回は木村文がこの日2本目のタイムリーとなる遊撃内野安打を放ち。1点ずつを追加。このリードを榎田が7回4安打無失点の好投で守った。今季、トレードで阪神から西武へと移籍した榎田は4勝目をマークした。

 ロッテは連勝ストップ。先発のオルモスが立ち上がりに4点を失って劣勢に立たされると、打線も榎田を攻略出来なかった。

Full-Count編集部

最終更新:5/13(日) 17:51
Full-Count

スポーツナビ 野球情報