ここから本文です

“当落線上”の浦和DF遠藤航「自分がやるべきことは変わらない」

5/13(日) 19:02配信

ゲキサカ

[5.13 J1第14節 浦和0-0鳥栖 埼玉]

 最後まで1点が遠かった。終始、ボールを保持して鳥栖を押し込み続けた浦和レッズだったが、相手の粘り強い守備を攻略できずに0-0のまま試合終了のホイッスルを聞くことに。試合後、DF遠藤航は「点が取れずに引き分けてしまったので悔しい」と唇を噛んだ。

「押し込む展開が続くのは、ある程度予想できたし、リスクマネジメントも意識していた」。その言葉通り、前半から多くの時間を敵陣で試合を進める。たとえボールを奪われても、「前の選手が切り替え早くやってくれたので、後ろは狙いやすかった」と攻撃権を奪い返して波状攻撃を仕掛けた。

 しかし、「最終ライン裏と足元を使い分けながらやっていたけど、最後のシュートで終わるところや思い切りの良さはもう少しあっても良かった」と振り返ったように、相手の体を張った守備を攻略し切れない。フィニッシュに持ち込もうとも体を投げ出したブロックに遭うなど、90分間攻め続けながらも得点は生まれずに、試合はスコアレスドローに終わった。

 この日は日本代表を率いる西野朗監督が視察に訪れた。自らの代表での立ち位置を「メンバーに入れるか入れないかという立場にいる」と冷静に分析する男は、「自分のやるべきことは変わらない。大事なのは1試合1試合、自分の良さをチームで出してアピールすること。その結果、メンバーに選ばれれば良いと思っているので、まずは目の前の試合を頑張りたい」とメンバー発表までの限られた時間でのアピールに燃える。

最終更新:5/13(日) 19:02
ゲキサカ