ここから本文です

戦争と平和のミュージアム設立準備会が発足

5/14(月) 13:42配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

戦争と平和を考えるミュージアムの設立準備会が13日、熊本市でありました。
これは、「戦争体験を語り継ぐ会」や県内で戦争遺産の調査を続けている「戦争遺産フォーラムくまもと」がスタートさせたものできのうの設立準備会には戦争体験者や高校生などおよそ100人が出席しました。
13日承認された設立の骨子によりますとミュージアムは熊本空襲の被害実態や戦争体験者の証言などを通して次の世代に語り継ぐ場とされています。
しかし、将来にわたって戦争体験者の証言を発信していくには拠点となる施設の確保が課題です。
「(戦争体験の)証言が聞けるのがこの後、どこまで続くのかというところもあります。まだ元気な方もいるが10年先にはなかなか厳しい。建物は5年程度がひとつの目安ではないか」(「ピースくまもと」設立準備会事務局長 �谷和生さん)
準備会では、今後「絵本・戦時資料から見た熊本空襲」展や戦争遺跡をめぐるバスツアーを7月と8月に予定しています。

RKK熊本放送

最終更新:5/14(月) 13:42
RKK熊本放送