ここから本文です

天草ビワの出荷が盛ん

5/14(月) 13:45配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

天草郡苓北町では、初夏の味覚のひとつ天草ビワの出荷が行われています。
苓北町では、14戸の農家がおよそ5ヘクタールに特産の天草ビワを露地栽培しています。
ここ、早崎海峡を望むビワ山では、袋かけした紙袋を少しだけ破いて色づき具合を確かめながらキズをつけないように丁寧に収穫していました。
「1月の雪の影響で少し数量が減ったと思いますが、天草の自然の恵みを受けて太陽の光と潮風を受けて今年も甘く育ったと思います」(苓北町果樹部会 田尻一成ビワ部会長)
今、収穫されているのは長崎早生という品種で収穫されたビワは箱詰めされたあとJAれいほくの集荷場に運ばれ品質の検査を受けます。
収穫はこれから最盛期を迎え、主に福岡や熊本市内へおよそ7トンの出荷が見込まれています。

RKK熊本放送

最終更新:5/14(月) 13:55
RKK熊本放送

あわせて読みたい