ここから本文です

JTA、安室奈美恵のデザイン機 アムラー社員発案

5/14(月) 21:27配信

Aviation Wire

 日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)は5月14日、9月の引退を表明している沖縄出身の歌手・安室奈美恵さんとタイアップした特別デザイン機「AMURO JET」(ボーイング737-800型機、登録番号JA07RK)の運航を開始した。“アムラー”社員の発案による企画で、安室さんが引退する9月下旬まで運航する。

◆9月まで9路線

 AMURO JETの初便となったのは、14日午後3時10分に那覇を出発した福岡行きNU58便。今後、羽田-久米島、宮古、石垣の各線と、那覇-中部、関西、福岡、久米島、宮古、石垣の9路線で運航する。

 機内では、ヘッドレストにオリジナルのカバーを装着。5月下旬からはオリジナルのポストカードを配付するほか、7月1日からは安室さんの楽曲やビデオを機内で放送する。このほか、JTA全便の機内などでAMURO JETの飛行機模型も販売する。

 特別デザインは、機体の左右側面の後部に施す。機体下部にも「AMURO JET」の文字をデザインしたほか、左側面のドア近くにも安室さんの写真をデザインする。

◆社内アムラー発案

 AMURO JETは、安室さんの引退表明を受けて、JTAの複数社員が同時発生的に発案。社内に安室さんファン「アムラー」の女性社員17人がプロジェクトチーム「Project A」を立ち上げ、企画を進めた。Project Aは販売推進部の江口有希さんが取りまとめ、デカールなど整備に関わる調整は、整備管理部の玉城李奈さんが担当した。

 那覇空港のJTA格納庫で開催した、運航前の式典に参加した同社の丸川潔社長は、安室さんについて「沖縄を代表するグレイトなアーティスト」と評し、「すべての人に元気とパワーを発信していただいた」と、これまでの功績を称えた。AMURO JETの就航により、「安室さんに感謝の思いをお伝えしたい」と述べた。

 安室さんは1977年9月20日生まれの40歳。1992年に、ダンスグループ「スーパーモンキーズ」のメンバーとしてデビューした。ソロデビューは1995年で、小室哲哉さんがプロデュースした『CAN YOU CELEBRATE?』(97年)などをヒットさせた。

 誕生日を迎えた2017年9月20日に、自身のウェブサイトで引退を表明。デビュー26周年を迎える今年9月16日に引退する。

Yusuke KOHASE

最終更新:5/14(月) 21:27
Aviation Wire