ここから本文です

<銀河鉄道999>初の実写ドラマ化 メーテルは栗山千明、鉄郎は前田旺志郎 異例の生放送

5/15(火) 7:00配信

まんたんウェブ

 松本零士さんの人気SFマンガ「銀河鉄道999」が、スカパー!で実写ドラマ化され、メーテルを栗山千明さん、星野鉄郎をお笑いコンビ「まえだまえだ」の前田旺志郎さんが演じることが15日、明らかになった。同作が実写ドラマ化されるのは初めて。ドラマを生放送する生ドラマという異例の形式で、6月18日午後8時からBSスカパー!で放送される。栗山さんがメーテルに扮(ふん)し、前田さんが鉄郎に扮したビジュアルも公開された。

【写真特集】メーテル・栗山千明が美しい! 前田旺志郎が演じる鉄郎の“再現度”も高い!

 ほかに、凰稀かなめさんがクイーン・エメラルダス役、染谷俊之さんが機械伯爵役、橋本じゅんさんが大山トチロー役、宇梶剛士さんがアンタレス役で出演する。

 このほど開かれた会見で栗山さんは、憧れのメーテルを演じることに「正直、驚きました。そういう役をいただけて本当に光栄です。恐縮、うれしさと一緒に、多くのファンがいる作品ですので、期待にそえるように頑張りたい」と話した。同作については「小さい時に再放送を見ていて、好きでした。切なくて憂いがあるストーリーに引きつけられたという印象があります」といい「私自身、挑戦となる作品。999という作品の醍醐味(だいごみ)を実写になっても楽しんでいただけるように作っていきたいと思います」と意気込んだ。

 鉄郎役の前田さんは「(オファーに)驚きました。誰もが知っている作品の実写化を、まさか自分がやらせていただけると思っていなかったので、生半可なことはできないと思いました。 皆の中にそれぞれの鉄郎がいると思うので、その期待を裏切らないように頑張りたいです」と声を弾ませた。

 役衣装について栗山さんは「(部屋に入ったら)ハンガーに、想像通りのメーテルの衣装がかかっていました」と笑い、「年齢も年齢ですし、単純にビジュアルが成り立つのか不安でした。でも、ウイッグを付けたり、メークさんのおかげでよい形にしていただきました」と振り返った。栗山さんがメーテルに扮した姿を見た前田さんは「すごかったです! 超メーテルでした」と絶賛した。

1/2ページ

最終更新:5/15(火) 7:00
まんたんウェブ

Yahoo!ニュース特設ページ