ここから本文です

任天堂「ミニファミコン」販売再開へ 6月28日から

5/14(月) 11:25配信

ITmedia NEWS

 任天堂は5月14日、手のひらサイズのファミコン型端末「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」の販売を6月28日に再開すると発表した。具体的な理由は明かしていないが、2017年4月14日に「いったん生産を終了する」と公表していた。

「週刊少年ジャンプ」とコラボ

 17年1月時点で、世界で約150万台を販売。世界の各市場で品切れ状態が続いていた。

 クラシックミニは、「スーパーマリオブラザーズ」「ドンキーコング」など懐かしのファミコンゲームを30タイトルを収録した手のひらサイズの端末。1983年に発売した家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」(ファミコン)の本体サイズを約60%に縮小した形だ。米国・欧州では別の名称とデザインで発売した。

 任天堂は同日、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータの「週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」を7月に発売すると発表した。「ドラゴンボール」「キャプテン翼」など、ジャンプのキャラクターが登場するファミコンタイトル20本を収録する。

最終更新:5/14(月) 11:25
ITmedia NEWS